ファクタリングの仕組みについて

ファクタリングの仕組みというのは、ファクターとクライアントの間でファクタリング取引契約が結ばれて、ファクタリング取引契約書が交わされることを指すそうです。

日本では契約書では各ファクターはまず定義規定を設けているそうです。「本契約においてファクタリングとは、債権譲渡、債権管理回収、信用の危険負担および債権の支払い期日前の前払いならびにこれらに付随する事務の総合引受をいう」とするものがあるそうです。

また「本契約においてファクタリングとは、商取引において甲がその取引先に対して有する一定の債権を乙に譲渡して、乙がその債権の管理・回収、それに伴う取引先信用調査ならびにこれらに付随する事務を総合的に引き受けることをいう」とするものがあるそうです。

そして「本契約においてファクタリングとは、取引先信用調査、債権管理回収、信用の危険負担および債権の期日前資金化ならびにこれらに付随する事務の総合引受をいう」というのがあるそうです。

そしてすべての契約書においては「乙は甲のためにファクタリングの全部または一部を行う」こととしているそうです。

契約では、ファクターがクライアントに対して提供する業務の内容、範囲、双方の権利・義務の内容、有効期限その他の基本的事項が定められているそうです。さらに、より詳細な事項が付則の形であるいは別途協議の形で定められているそうです。都銀系のファクターの業界で統一契約書を作る機運が起こったそうです。

そのために何回も会合がもたれたそうです。

検討されたものの、現状では各社の業務内容、能力があまりにも異なるということで、統一は不可能という結論に達したそうです。ファクタリング業務が成長したら契約書の統一が実現するそうです。