ファクタリング契約の目的について

ファクタリング契約の目的を達成するためということで、ファクターはクライアントからその取引先のリストの提出を受けるそうです。

そして各カスタマーについて信用調査を実施するということだそうです。各カスタマーごとにどの範囲内で信用販売をしてよいかをファクターが信用調査をするそうです。そしてクライアントにその販売量の指針を与えるそうです。通常は、カスタマーごとに信用限度額を設定するそうです。そしてクライアントに書面で通知するそうです。

この限度内の額で信用販売で生じる売掛債権またはその支払方法としての手形をファクタリング取引の対象とするそうです。

ファクタリング取引の本来の取引というのは、信用調査能力の優れたファクターの信用判断に従ってと商取引を行うことによって、クライアントが債権焦げ付きに伴う損害を回避して、健全経営を維持ていきながら、拡販をするのに商機を逸しないように積極的な経営を可能にしようということだそうです。

したがって、一般の企業に対して、確実な信用情報を提供する能力があるものだけを真の意味のファクターということができるそです。信用調査能力がないものや、信用調査能力をもっているとはいえないあいだは、たとえその称号の中にファクタリングとかファクターという文字を用いていても、厳格な意味においてファクターとはいえないそうです。

当時、日本のファクターは本当の意味のファクターを目指してトレーニング中だったそうです。その当時は、ファクターと名乗る単なる金融業者といえるものだったそうです。当時は、本物のファクターになるために、ファクターとしての資質に必要な信用調査能力を磨いて銀行よりも資質をあげようとしていたといえるそうです。