ファクターの信用危険引受について

ファクターが安心安全な債権を除外して、グレイゾーンの債権ばかりをファクタリングの対象にして譲り受けていたら、ファクターの譲受債権の中に占められる焦げ付き債権発生率は高くなってしまうそうです。

そうなるとファクターはその損害に耐えられなくなるそうです。

グレイゾーンの債権だけを、信用危険引受の条件で買い取れというのでは、クライアントはテイクアンドテイクとなってしまって、ギブアンドテイクの原則にはんするということになるそうです。

このような考え方から、諸外国の約定書では、クライアントはカスタマーに対する全債権をファクターに譲渡すべきことにしているそうです。

しかし、日本の場合には事情が異なっていたそうです。ファクタリング取引の対象とする債権の範囲というのはここのクライアントとの間で別途協議して定めているそうです。基本契約でクライアントの全債権を譲渡させるということを定めたものはないそうです。

それは、日本の企業というのは必ず銀行と取引しているからということだそうです。手形割引その他の方法で銀行の資金を使うことができるということのようです。

クライアントは、その全部の債権・手形をファクタリング取引の対象とする必要はないそうです。

そしてファクターとしても、クライアントの全債権に見合う金融をつねに供与できるかどうかわからないということだそうです。そていクライアントが、その営業上の全債権をファクターに譲渡して、その管理・回収を全部ファクターに委ねたとしたら、クライアントの財務状態をすべてファクターに知られることになるそうです。やはり台所事情を全部ファクターに知られたくないということもあるためだそうです。