ファクターの信用調査と取引契約

理想的なのは、ファクターの信用調査に基づいて、クライアントはカスタマーとの商取引を継続するか、開始するということだそうです。

ファクターの設定した与信限度額の範囲でクライアントは商取引をすることだそうです。ファクターはクライアントが最初から出荷をしないほうがよいという判断を下すことがあるそうです。

与信限度額を超えて、または全然出荷しないほうがいいというファクターの判断を無視して、クライアントがカスタマーに出荷するのは自由だそうです。ただ、焦げ付く危険を負担しなければならないそうです。

ファクタリング取引契約というのにおいて定められる範囲および条件で、クライアントは売掛債権・手形をファクターに譲渡するのだそうです。アメリカやヨーロッパのファクターの契約書では、クライアントの営業より生ずる現在・将来の全債権の譲渡が約定されていうるそうです。一般的に考えて、クライアントの取引先は優良なものから、かなり安全なのもの、不安なもの、危ないもの、支払い無資力状態のものというところまで、さまざまな程度があるかと思います。

無資力状態というのはもちろん無理ですが、一定の与信限度を越えると危ないというものもあるそうです。

ファクターは100%確実な債権だけを買い取るのではなくて、かなり積極的な姿勢で買い取るそうです。

しかも、ファクターの信用調査能力が物凄いものであったとしても、つねに100%確実ということはないかと思います。

したがって、ファクターが買い取る債権にも当然、何%かの焦げ付き債権が含まれていることを予想しなければならないということになるかと思います。ファクターは債権焦げ付きの危険を負担するということになるということのようです。